VOCALOIDは「楽器」か「人間」か ~”Star”に込められた真意~

DTM 隙あらば自分語り

どうも、絶賛バイト中のkayolabo801です。(バイトちゃんとやれ)

さて、「VOCALOID」という文化はもはや日本中どこにいても聞くほど非常にメジャーなものとなっています。

皆さんご存知のとおり「VOCALOID」はYAMAHA社が開発した歌声合成エンジンで、その中にクリプトンフューチャーメディア社の「初音ミク」、インターネット社の「GUMI」、1st Place社の「IA」等のライブラリが存在します。

VOCALOIDはYAMAHAが開発した「楽器」であることは間違いありません。

しかし、今はそれだけで括るべきではない、いや、括ってはならないのではないかと考えています。初音ミクをはじめとするVOCALOIDのキャラクターはステージの上で歌ったり自らをテーマとした曲を数多く持ったりし、「人間」として扱われているところが非常に大きいです。

MIKUECの空気に馴染めなかった自分

私は2018年の大学入学と同時に零細ながらボカロPとしての活動を開始しました。そしてその年の11月に開催された第2回MIKUECライブに感銘を受け、「VOCALOIDクリエイターとして手伝えることはないか」と思い翌年5月に運営サークルである電気通信大学バーチャルライブ研究会に入部しました。

当時の私はVOCALOIDを「楽器」としてとらえ、自分の打ち込んだ通りに歌ってくれる音声ライブラリとしか思っていませんでした。

しかし入部して目の前に現れたのは、VOCALOIDが「人間」であることを前提とした創作活動の場でした。

楽器であるはずのVOCALOIDが「生きている」扱いを受け、皆がそれに賛同する。私は強烈な違和感を抱きました。

サークルの空気に馴染めなさ過ぎて、退部を考えていた時期もありました。

初音ミクに「絶望」したボカロP

VOCALOID文化に詳しい方なら誰を指しているか一瞬で分かるかと思います。

私が先述した葛藤を繰り広げている中、マジカルミライ2019が開催されました。

マジカルミライ2019のインタビュー記事によると、彼は「偶像として自立していきボカロPのものでなくなっていく初音ミクに『絶望』した」と話しています。

彼はVOCALOIDを完全に「楽器」として扱い、「人間」として扱う文化に異を唱えたのです。

しかし、私はこの考え方に賛同すれど、ひとつ違うと思った点があります。

マジカルミライ2019テーマソング「ブレス・ユア・ブレス」の中にこのような歌詞があります。

『 今やもう 誰の目にも同じ ひとりの人間 』

初音ミクを人間として扱う文化は確かに主流ではありますが、それは「ひとりの人間」としてのものではないと私は考えます。ボカロPをはじめとするクリエイター、及びボカロ曲を聴くすべての人にそれぞれ違う「初音ミク」が存在する、というのが正しい解釈なのではないでしょうか。

以前「初音ミクと結婚する」と宣言した男性がいらっしゃいましたが、騒ぎ立てる人はごく少なかったですね。これは皆が「初音ミクのことを考えるすべての人にそれぞれの初音ミクがいる」ことを認めているという証拠に他ならないのではないでしょうか。

“Star”は私の出した結論

そんな中自分はVOCALOIDとどう向き合っていけばいいのか。ずっと考えていました。

そんな中第3回MIKUEC公式アルバムの楽曲制作が始まりました。

私はMIKUECのテーマである「ワンダーランド」を完全無視し(マジでごめんなさい)、この場で「私はVOCALOIDとこう向き合っていく」という決意を表明しようと考えました。

そしてひねり出した歌詞が「VOCALOIDを「楽器」として購入した主人公が伸び悩む再生数に苦悩するも、自分自身の役目は『自分が持て囃される』ことではなく『VOCALOIDを輝かせてあげる』ことであると気付く」というものでした。

つまりはVOCALOIDが「人間」であるという考え方に迎合したわけです。

誤解を招かないように申し上げると、私が「VOCALOIDは『楽器』である」という考えを曲げたわけではありません。

私は今、VOCALOIDを「楽器であるが、擬人化して楽しむこともできるもの」であると考えています。そして「擬人化したほうが楽しいから人間として扱ってみようか」と考えたのです。

まとめ

VOCALOIDが「楽器」であるという考え方と「人間」であるという考え方は決して相容れないものです。

しかし、それを争う必要などないのではないでしょうか。

VOCALOIDを想う人全てにそれぞれ違うVOCALOIDが居る。私はそれでいいのだと思っています。

初音ミクがVOCALOIDでなくなる日

DTM 隙あらば自分語り

どうも、VOCALOIDライブラリを12万円相当持ってるブルジョワジーなkayolabo801です。

さて、大分冷めちゃったネタだとは思いますが、今年のマジミラ2019でクリプトンフューチャーメディア社が初音ミクの独自エンジン化を示唆したのは記憶に新しいと思います。

これは近い将来初音ミクが「VOCALOID」ではなくなるかもしれないことを意味します。

それもそのはず、2年前VOCALOIDの大元であるYAMAHAは初音ミクを「捨てた」のですから……

時は遡り2017年7月

初音ミク生誕10周年が間近に迫るこの時、YAMAHAからVOCALOID5が発売されました。

最初の初音ミクからどんどんリアルになっていった発音、VOCALOID4で登場した調教マニア向けの機能(クロスシンセンス、グロウル等)を知っている身からすれば、今までもこだわれた歌わせ方をどこまで進化させられるか期待が膨らみました。(当時の私は聴く専だったわけですが)

ところが、YAMAHAはVOCALOID5で4の目玉であったクロスシンセンスとグロウルをあっさり廃止してしまいました。

さらにはエディタ自体によくわかんないライブラリ4体をバンドルさせてきました。

これは即ち何を意味するかというと、YAMAHAはこの瞬間VOCALOIDのコンセプトをひっくり返し、「誰でも手軽に使える仮歌ツール」にしてしまったわけです。

初音ミクの文化は?

当然切り捨てられたわけです。

孤独になったひとりのボカロP

名前を出したら怒られそうですが敢えて出します。

cilliaさんという女性ボカロPが居ます。

彼女は根っからの神調教師で、私は彼女を世界一調教が上手い人だと思っています。(一言で言うと、鏡音レンを人間にする変態です。)

以前はその調教技術が買われ、YAMAHAの運営するYouTubeのVOCALOID公式チャンネルにも顔を出しテクニックを披露していました。

彼女とYAMAHAは仲が良かったわけです。

しかし、VOCALOID5発売と同時にYAMAHAとの連絡がぱったり途絶えたといいます。VOCALOID5発売も彼女には全く伝えられることなく行われたそうです。

VOCALOIDを手軽な仮歌ツールにしたいYAMAHAにとって彼女は邪魔でしかなかったのです。

YouTubeの公式チャンネルからも彼女の出演する動画は全て削除されました。

これをきっかけに彼女は精神を病まれてしまい、活動ができない期間がかなり続きました。

そして2019年8月31日

マジカルミライ2019の新技術発表会にてクリプトンフューチャーメディア社から「初音ミクの新たなエディタを開発している」とのアナウンスがありました。

初音ミクがVOCALOIDでなくなるかもしれない。

私には朗報に聞こえました。正直かなりワクワクしました。

初音ミクがYAMAHAの束縛から解放されれば、今までのような息苦しさもなくなります。

初音ミクが「VOCALOID」でなくなったら

間違いなくクリプトンの子達とその他の間に亀裂が走るでしょう。

クリプトン以外のライブラリ制作企業は今後もVOCALOIDに縋っていく必要がありますから。

しかしその亀裂はすぐ埋まると思います。

VOCALOID、UTAU、CeVIOが仲良く共存できている現状を見れば、皆は新しい初音ミクを疎外せず受け入れてくれるでしょう。

要するに

YAMAHAが嫌いです。

お前らのパクツイ判定基準はおかしい

隙あらば自分語り

どうも、成人しましたkayolabo801です。

さて、私はかれこれ4年と4ヶ月Twitterをやってきたわけなのですが、最近よく思うんです。

お前らのパクツイ判定基準はおかしい、と。

そもそも「パクツイ」とは

私はパクツイというものを

「他人のツイートの意匠を改変せず剽窃し、バズを図る行為」

と定義しています。

これに関して異議を唱える人はほとんど居ないでしょう。

しかし、これに「パクツイだ!」と騒がれるツイートやそうでないツイートを当てはめてみると、この定義と巷のパクツイ判定にかなり齟齬が生じます。

具体例を幾つか挙げながら解説していきます。

例1:元ツイートが他人の意匠である場合

元…昨日さか○くんが「ヒラメはひらべったいギョ!」つってた

パ…昨日さか○くんが「ヒラメはひらべったいギョ!」つってた

これに関しては明らかなパクツイと誰しも思うでしょう。私もパクツイだと判定します。

しかし元ツイートが他人の意匠をそのまんま持ってきただけであり、元ツイートの主が訴えてよいかと言われると疑問が残ります。元ツイート自体がさか○くんの力でバズってるわけですし。

もしこれが

パ…さか○くんが「ヒラメはひらべったいギョ!」つっててなるほどと思った

だったとしたらどうでしょう。

これはパクツイ主の感想が含まれており、パクツイではないと判断する人が多いのではないでしょうか。

例2:マックに居たJK問題

但し、例1で挙げた例には厄介な例外があります。

元…マックに居たJKが「人参は青い」つってたんだが…

パ…マックに居たJKが「人参は青い」つってて日本の将来を案じた

例1の基準でいくと、これはパクツイにはなりません。

しかし、元ツイート主が伝聞を騙って自分の主義主張をツイートする例がしばしば存在します。

元ツイート主が嘘をついたことが一番悪いのですが、この場合は「元ツイート主の意匠をそのまんま引っこ抜いてきた」という条件を満たしてしまうでしょう。

例3:まとめサイト的ツイート

元…〇〇が居た、〇〇おった!!、等…

パ…〇〇が居たらしいヤバくねww(元ツイートの画像付き)

これは元ツイートを編集した形のツイートであるため、パクツイには当たらないのではないか、と私は考えています。

ただ、パクツイ同様(或いはそれ以上)悪質な行為であるので、私はこの手のツイートを「アフィツイ」と呼び区別しています。

例4:動画の引用

元…(面白い動画)

パ…(面白い動画)作成者:元ツイ主

はっきり言いましょう。

これはパクツイです。

正直に言うとこれが言いたくて記事書きました。

元ツイート主のクレジット載せてるからパクツイじゃない?

戯言ぬかしてんじゃねえよ

そもそもクレジットから元ツイートに直接飛べないじゃないですかTwitterって。

その時点で引用とは呼べないんじゃないんですか。

そもそもTwitterの文化的にクレジットの有無というのはパクツイを考える上でそこまで問題にならないのではないのかと私は考えています。

他人の考えたツイートを勝手に分取って自己顕示欲を満たすのがパクツイ。それ以上でも以下でもないです。

まとめ

私が何故この記事を書こうと思ったかというと、「お前ら、そのパクツイ判定間違ってんじゃないの?」と啓蒙するのはそうなんですが、それよりこれだけ持論を持っておいて自分自身がパクツイであろうツイートをついついRTしてしまうのでその自戒を込めて、というわけです。

みなさん、パクツイの正しい基準を持って楽しいTwitter ライフを。