レビュー

広告

「MEN’s Biore ONE」を買ってみた

レビュー

Twitterのプロモーションで最近頻繁に流れている「MEN’s Biore ONE」。

今まではプロモなんて全然無視してたんですが、共同浴場の寮生活をしている自分には「浴場に持って行く荷物が少なくなる」というメリットがあるので少し気になっていました。

というわけで

AMAZONしました。

というわけで、今から風呂に入ってきて使ってみた感想を述べたいと思います。

ラベルは邪魔じゃっっっっっっ

では行ってきます。

感想

最初に驚いたのが、透明だということ。

今まで白いタイプの液体石鹸しか使ったことがなかったので、個人的にはかなり新鮮でした。

そして泡立ちがむっちゃ良い。

ちょっと両手でこすっただけでかなり泡立つので、体を洗う石鹸の量が節約できそうです。

肝心の洗い心地ですが、MEN’s Bioreなだけあって脂落ちがかなり強い印象でした。

この脂の落ち方が良いか悪いかは暫く使い続けないとなんとも言えないので、これから使い続けながら判断していきたいところ。

そして地味な推しポイントとして、シュポシュポを下げた状態で保管できるということが挙げられます。

共同浴場には石鹸を放置できないので、一々自室に持って帰って保管する必要があります。

そんな時シュポシュポが上がった状態だと何かの拍子にシュポシュポが下がって床中石鹸まみれになるリスクがあります。

シュポシュポを下げた状態ならそれを防げるので、これは地味に嬉しいです。


今のところかなり使える印象なので、これからも使っていこうと思いました。

以上、 MEN’s Biore ONEを初めて使ってみた感想でした。

広告

私をHTML中級者に育てた3冊

HTML レビュー 隙あらば自分語り

どうも、人生で初めてボイチェンに触ってみたら自分の笑い声のあまりの可愛さに悶え死んだカヨコです。

高校2年の終わりにHTMLに触り始め、今ではWordPressのレスポンシブテーマを1から組むことができるようになりました。
自分で言うのはおこがましいですが、そろそろ「HTML中級者」を名乗ってもいいのかなと思っております。

さて、私が1年半である程度Webサイト制作ができるようになったのは、3冊の教本の力が大きかったと思っています。
あの3冊に出会わなければ私は未だ生半可なHTML知識でイキり散らしていたでしょう。

てなわけで早速紹介していきます。

わかばちゃんと学ぶ Webサイト制作の基本(湊川あい)

高3のはじめ辺り、私が絶賛HTML初心者イキリをかましていた時に出会った1冊です。

これを読んで全てが変わりました。

内容としては、

  • そもそも何故Webサイトを作るのか
  • HTMLの基礎
  • CSSのちょっと込み入ったとこまで
  • JavaScriptやPHPについてかるーーーーーーーーーく
  • Webサイト公開後の運営について

という感じです。

CSSに関して優先度とか疑似要素とか「大事だけど難しめの内容」まで網羅されているのが素晴らしいと感じますが、何よりこの本を第一に薦める理由は、
「初心者が見落とすWebサイトの制作意義Webサイトの運営
について超丁寧に説明されていることです。

ここが何より重要なのに、巷の初心者用HTML教本には書かれてません。HTML技術だけです。
ぶっちゃけタグとかの知識なんてggれば出てきます。
初心者用教本では技術よりこの2つを教えるべきです。

HTML始めたい人は絶対最初にこの1冊を買ってください。てか買え。

HTML5&CSS3デザインブック(エビスコム)

こいつは「きちんとWebサイトを組む」ことができるようになるための1冊です。

これを参考に1~2回サイトを組んでみれば、「レスポンシブデザインのサイトがどういう構造になっていて、どう組めばいいのか」が分かるようになります。

ただ、少々古めの本なので最新のコーディングトレンドには全然対応していません。
そのせいで私も少し古典的なHTMLを組む癖がついてしまいました。
なので、私としてはこの1冊を薦めますが、ナウいHTMLerになりたい方は別を当たってもいいかもしれないです。

WordPressデザインブック(エビスコム)

これはWordPressテーマを1から作るにあたって私が読むべきと思う1冊です。

2冊目にちょっと古い本を紹介したのは、この本にスムーズに移行できるようにするためです。
2冊目の内容が分かっていれば、難なくWordPressテーマを完成させることができます。

AMAZONでは酷評が目立ちますが、あれはHTMLの勉強の手順を踏まずいきなりWordPressに飛びついた連中のご意見なので気にしなくていいです。(過激派)

とりあえずこの3冊(前半2冊でもいいです)を読みきったら、それだけでHTML中級者を名乗っていいと思います。

ぶっちゃけHTMLは超簡単なので、どうか皆さんも「正しい順序で」勉強して欲しいと思っています。

広告

軽率に新宿放浪記02 & JBLイヤホンT290レビュー

お出かけ レビュー

今日の昼に新宿に行ってきたのをまとめました。(ついでに6/17に行ってきて記事にせず放置してたやつも記事にしちゃう)

6/17


この日は翌日締切のレポートがあって切羽詰まってるのに新宿に行きました。
レポートの合間の休憩ってやつです。


いつものように二郎へ。
前回ちょっと量が物足りなくて後悔したので、大盛を頼みました。
多すぎました。
終盤かなり苦しかった。
二郎で苦しくなる理由は脂じゃなくて量なんだなと実感しました。


二郎の後はビックカメラへ。
その日は「新宿西口たん爆誕祭」なるものをやってました。
私もささやかながらお祝いを記しました。


まあこの日はレポートが切羽詰まってたわけで、そんなに長居するわけにはいきません。
適当にキーボードを見漁って、そそくさと店を後にしました。


新宿から帰る前に京王百貨店に登りました。
おいお前切羽詰まってるんじゃないんか

【6/17の新宿遠征費】
電車賃:390円
二郎:650円
計:1040円

前回は金欠かつ時間がなかったため、そんなにお金を使いませんでした。

6/30


あ”つ”い”
梅雨とは何だったのか。
マジの晴天でマジの蒸し暑さでした。


小ラーメン ニンニク 野菜マシ 脂少なめ
前回の反省を踏まえて、麺ではなく野菜を増やしました。
やっぱこれくらいが丁度いい。
私は二郎エンジョイ勢でいたいので、やっぱ無理はしちゃいけないね。


うっわ何このキモオタみてえなツイート
二郎の後は例のごとくビックカメラへ。
5月頭にJBLのイヤホンが壊れて以来ずっとヘッドホンでやり過ごしてきたんですが、さすがにイヤホンがないのは不便だと思って3000円台のイヤホンを購入しました。
これでまた移動時間に音楽を楽しめる💪💪💪


ビックカメラから出た後はヨドバシへ。
今後買おうと思ってるMIDIキーボードとモニタースピーカーの実物を見てみました。
うん。あれは買う。
むっちゃいい。
財布と相談しながら買い揃えていこうと思います。

ヨドバシを見漁って満足した私は、そのまま新宿を後にしました。

【6/30の新宿遠征費】
電車賃:390円
二郎:650円
イヤンホホ:2905円
計:3945円

イヤホンを買ったのでそれなりに高くついた遠征でした。

イヤホンレビュー


JBL-T290という商品の黒タイプです。
以前使っていたシリーズ(6000円台のもの)が廃盤になったどころか、最近のJBLは無線イヤホンが主流になってしまったので、JBLだとこれしか選択肢がない感じでした。


先端はこんな感じ。
耳に入れると最初は痛いですが、すぐ馴染みました。

音質については申し分なかったです。以前使ってたものの半額未満なのでちょっと心配でしたが、全く問題ないサウンドでした。

ただ、イヤーキャップをはめるのが異常にムズい。イヤーキャップがサイズ別に3組入ってるのですが、5分くらい格闘してやっと片方はめれるような感じでした。
私が不器用なだけかもしれないですが、これだけで☆5から☆4にしていいくらいムズかったです。

以上、新宿遠征とイヤホンレビューでした。