広告

2018夏の北海道帰省記(1日目編)

お出かけ

どうも、散財癖を治したいという意思だけは一人前なkayolabo801です。

さて私は、9/1から9/8にかけて北海道に帰省に行っている真っ最中です。
帰省中は一日の終わりにその日の概要を記事にしていこうと思っております。
※ただし当記事はフェリーのカプセルで執筆したため、インターネット環境が復活する翌日夜の投稿となっております。

スケジュール概要

  • 2018.09.01:自宅→大洗→「さんふらわあ ふらの」に乗車
  • 2018.09.02:苫小牧着→実家へ→テキトーに過ごす
  • 2018.09.03:挨拶回りand母校凸
  • 2018.09.04:あいさつ
  • 2018.09.05:AISATSU
  • 2018.09.06:旭川の祖母宅に日帰り
  • 2018.09.07:行ってみたかった釧路へ→宿で一泊
  • 2018.09.08:釧路から新千歳空港へ→夜便で東京帰還

8日間あるとはいえ、中々詰めすぎた感が否めないですな。

出発前

二日目(9/2)は親に苫小牧まで迎えに来てもらえることになっているので、交通費は自宅から大洗までで十分でした。
京王→山手線→常磐線→大洗鹿島線のルートで大体3000円だったため、PASMOに3000円をチャージして、後はフェリーでの食事2400円と、お土産4人分3600円があれば足りると判断し、6000円を現金で持つことにしました。
ただ、手持ちの現金が3000円しかなかったので、どこかで郵便局を見つけて3000円おろすという計画です。


よりによって帰省出発当日(9/1)の深夜にGがお見えになりました。
一瞬見えただけで見失ってしまい、出発までに駆除することは当然不可能なわけです。
そこで
じゃあ帰省中バルサンもくもくさせときゃよくない?(゜∀゜)
というIQ3のようなことを思い立ち、精密機器を袋で覆いました。
まともな袋がゴミ袋しかなかったのでゴミ袋で覆ったところ、断捨離を履き違えてる人が意気揚々とツイートした写真みたいになりました。


ところがどっこい寮長に確認したらNGが出る。
火災報知器の問題ではなく「部屋に密閉もへったくれもない寮なので、バルサンを焚いてしまうと隣人に被害が及ぶ」という理由でした。
あまりに納得(´・ω・`)
というわけで、少しでも生ゴミ要素のある物体を駆逐してファブリーズぶちまいて自宅を出ました。


また、この前ムカデと思われる生物に首を噛まれたところにしこりが出来ていたので、大事をとって耳鼻咽喉科に掛かりました。
「雑菌かアレルギーが原因のリンパ節だから問題ないけど一応薬出します」と言われ、ここで2000円ほどを使いました。

出発→常磐線


大事をとって、予定より30分前の13時ちょい前に家を出ました。


塩ラーメン
通っているつけ麺屋に暫く行けなくなるのが寂しいので、そこで昼に塩ラーメンを食いました。
そういう動機で行ったんなら普段食ってるつけ麺頼めやと突っ込まれそうですが、何も言い返せないです。


京王つつじヶ丘駅に到着した後はとくに問題もなく日暮里まで行って常磐線の快速に乗り込むことができました。

常磐線でトコトコ→大洗まで

常磐線に105分ほど乗り続けるわけです。


考え事でもしてないと暇でしゃーないわけで


考え事に飽きたらSimutransも始めちゃうわけで


結構良いマップ引いちゃったりするわけで

まあこんな感じで常磐線のひたすら長い移動時間を潰していたわけです。

ところが、

私は、

中盤辺りで、

催してしまう。

そして、

私は、

常磐線の両端車両にトイレがあることを知らなかったのである。

「次の特急追い越し駅で一旦下車してトイレ行こう」とか思い立った頃にはもう限界を迎えておりまして。

限界突破して膀胱がハッスルし始めたのでティンをズボンの上から全力で握って耐え忍ぶ。

こんな状況なのでもう次の駅で降りてトイレ駆けこまないと全力でマズい。

もうフェリー間に合う間に合わないどころじゃない状況なので、高浜駅で緊急下車してトイレに駆け込んで大惨事は免れました。


高浜駅周辺はすごく綺麗な田園が広がっていました。
こんなローカルみに溢れる路線をイカツい最新車両が行き交ってるのがとても面白いと感じました。

辺り一面の田舎
それにしても画になる田舎


幸い30分くらい後に後続列車が来てくれたのでフェリーは何とかなりそうでひとまず安心。


そう思っていた時期が私にもありました。
水戸駅で20分以上待つことになろうとは。

ガルパン列車
とか思ってたら早々に列車が来ました。
ゴリッゴリのがるぱそ塗装。かわいい。
折り返しで20分停車するんですね(´・ω・`)京王とは訳が違うんですね(´・ω・`)


まさかフェリー乗れるか乗れないかのデスゲームをすることになろうとは。
全ては常磐線車両のトイレに気付かなかったのが原因なんですがね

乗車券
大洗駅に到着したら雨の中全速力で大洗市街を駆け抜けました。


乗船券
間 に 合 い ま し た 。
いやあタヒぬかと思った。

三ツ矢GIF
無事乗船券をゲットしたkayolabo801は、搭乗までの間ひたすらアクションカムのタイムラプスで遊んでました。

フェリー乗船

18:00になり、乗船の時間がやって参りました。

フェリーにはかれこれ10年以上乗ってなかった上、今回のキャビンが一度泊まってみたかったカプセル式だったので、すごくわくわくしながら乗り込みました。

さて、ここまでお読みになって、勘の良い方ならもう気付かれたかもしれません。
計画段階で私は「現金6000円を持つ。手持ちが3000円しかないのでゆうちょでおろす。」と言いました。
そして耳鼻咽喉科で2000円を使いました。
特にゆうちょにも行きませんでした。
つまりですよ。
手持ち716円でフェリー乗りこんじゃいましたよ奥さん

まだお土産も買ってない状況ですよ。

ここで私には2つの選択肢が残されました。

  • 食事を諦め、取るに足らないお土産を4人分買う
  • お土産を諦め、1食だけでもまともな食事を摂る

あまりに申し訳なくなったので親に電話したところ、「お土産はいいからちゃんと食いな」と言われました。
親の有難みは逼迫した環境に立たされて初めて気付くものです。(多分そういうことではない)

出港


出港と蛙
「折角一人で自由に動けるんだから」と思い立ち、雨の中出港を拝みに甲板に出ました。
港の無機質な照明灯もカメラを通すとよさみのある夜景になってくれますね。

話を戻しましてお食事のおはなし。
ひとまず明日の500円昼食で栄養を補給するとして、今日の夕食を216円で済まさなければならんわけですよ。
カップ麺でもあればいいなーつって売店に入ると、カップヌードルが丁度216円で売っていました。
ジャストミーーー(゜∀゜)ート!!!!!!
買っちまったガラナ
でもガラナ買っちゃうー(゜∀゜)ー!!!!!!

とまあ、帰省1日目はこんなアホみたいなことばっか存分にかました後、大浴場でまったりしてカプセルでぐっすり眠るのでした。

tweet